緊急報告

平成17年4月10日(日)をもって、宇和島市から映画館が消える事になった。
というニュースをテレビで見た。こいつはショックだ。

ウワジマ・シネマ・サンシャイン。
まあまあ映画の好きだった私も、最近はあまり、いやほとんど見なくなった。私にも一因があるのか。それにしても、悲しい話である。それまでにみんな一度は足を運んでくれー。

スバル座が誕生したのは、私が小学生の頃だったか?融通座跡に出来たモダンな洋画館だった。
ここで見た数々の映画が頭を過ぎる。

あれは昭和40年代だったか、アメリカ映画「ラスト・ショウ」を思い出す。
私は「ラスト・ショウ」は珠玉の名作だと思っている。アメリカの田舎町、そこで青春を過ごす若者の群像。やがて都会に旅立つもの。片田舎から脱出出来ない若者。それぞれの葛藤。その町の映画館で最後に上映されたのは、ジョン・ウエン主演「赤い谷」だったと思う。そうして最後のシーン、映画に出てくるスクリーンで、彼は叫ぶ「レッツ・ゴー」

「ラスト・ショウ」は地味な映画だったが非常に好きだった。それが宇和島で現実味を帯びることになろうとは。映画はある意味で文化のバロメーターだと思っていただけにショックは大きい。

ま、これも定めか。

それから、数十日経過。うん。やはり閉じたなー。でも、また、いつの日にか、銀幕に映像が写る日が来ることを期待しよう。

戻る


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO