葉山村・朽木峠

佐川から山を越え、葉山村に至る峠

脱藩した経緯については龍馬ファンなら誰もが知っているだろうから
ここで、改めて説明はしない。高知から一足飛びにここまできたが、
旧街道がはっきり残っているところが少ないらしい。

文久二年三月二十四日の夕方高知を発った龍馬が、はたしてこの峠を越えて
梼原の那須俊平のもとに行ったのかどうか不明ではあるが、通常の街道として
あったそうである。ここを越えた時は不明である。翌二十五日には那須邸についている。

 
佐川側から見た峠(関所や葉山藩などはないので、念のため)

 
葉山村におりる道

断っておくと、このような関所は当時あった訳ではないらしい。

イベントの為の遊び心で地元の人が作ったらしい。関所のそばには馬頭観音があった。
朽木は私の地方では(くつき)と言うが、地元の人は(くちき)と言っていた。
ここは結構歩かなければいけない。血圧の高い私には一苦労であった。


梼原に向かう

龍馬生家跡

坂本家和霊神社

龍馬・ア・ラ・カルト

葉山村・檮原町・野村町・河辺村・五十崎町・肱川町編

朽木峠

宮野の番所跡

松ヶ峠

韮ヶ峠

男 水

脱藩の宿

榎ヶ峠

御幸の橋

横通り

封事ヶ峠

三杯谷

日 除

水ヶ峠

泉ヶ峠

宿間

伊予長浜

土佐勤王四天王関係

坂本龍馬脱藩の道

武市半平太生家

土佐勤王党
中岡慎太郎生家

吉村虎太郎生家


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO