アメリカ軍による宇和島空襲

 宇和島義勇消防史より

1 5月10日 8時50分頃 100K〜250K爆弾約18個
  被災地区 朝日町、須賀通 寿町 焼失家屋 154世帯 606人
  死亡 115人 重傷 26人 軽傷 55人

2 6月22日 9時頃    100K〜250K爆弾 約3個
  被災地区 住吉町 樺崎沖 5世帯 16人 
  死亡 9人  軽傷18人

3 6月29日 1時頃    焼夷弾 無数
  被災地区 和霊町 大浦    70世帯 210人
  死亡 8人 重傷 2人 軽傷 18人

4 7月2日 4時半頃    焼夷弾
  被災地区 白浜 石応   8世帯 48人
  人的被害はなし

5 7月11日 14時頃  爆弾
   大浦湾 海上投下の為に人的被害なし  多分魚が沢山死んだでしょう

6 7月12日 23時頃〜   焼夷弾 無数 
   被災地区 市内北西部  1950世帯 8755人
   死亡 28人 重傷 15人 軽傷 34人
   8機から10機、午後11時頃照明弾投下、続いて焼夷弾を投下
   全市大混乱、市中心部から南部、東部へと燃え広がる。市中央部悉く焼失
  (※貴重な文化遺産「国宝大手門」もこの時に焼失したと思われる。これについては29日という説もあるので調査中)

7 7月22日 23時頃   爆弾
   被災地区 玉ヶ月 被害なし

8 7月25日 11時頃  爆弾 機銃掃射
   被災地区 大浦 (宇和島鉄工)  3世帯 16人
   重傷 2人 軽傷 8人

9 7月27日 21時頃  照明弾
   被災地区 九島沖  被害なし

10 7月29日 24時頃から  焼夷弾  無数
    被災地区 市内中央部   3880世帯 13500人
    死亡 100人 重傷 12人 軽傷 160人
    激しい雨の中、市内は殆ど焼失した。
    

11 8月8日 10時30分頃  200K爆弾
    坂下津 宇和島航空隊      推定死亡 18人

12 8月12日 11時30分頃  機銃掃射
     市内上空  被害なし

注、焼失は全壊した世帯のみで、毀損した家屋、及び非住宅は省いた。

   被災にあった合計 全焼住宅6184 半焼 226 破損 578
              非住宅全焼 187 半焼 29 破損 48
              焼失世帯 6070世帯 23151人
              毀損世帯  511世帯  1969人
               死 亡   278人  重 傷 57人  軽 傷 293人

 これ以外にも、日振島で住民に対する艦載機からの機銃掃射があり、主婦が重傷を負ったという記録がある。

宇和島に予科練はあったが、犠牲者のほとんどが、非戦闘員であった事は当然であろう。

市民に機銃掃射をするという事は、いったいどのような感覚だったのか。

TOP


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO