宇和島の旧町名・堀端通

堀端通(ほりばたどおり)

宇和島城を取り囲む城堀に沿う片側町であった。

明治四十三年に堀が埋め立てられたが、町名は

残った。幕末には「神尾」「宍戸」「桜田」「松根」

などの上士層の屋敷が連なっていた。

石碑のある場所・宇和島自動車車庫前

写真に見える信号は車両と歩行者が分けられた
宇和島で最初の交通信号ではないかと思う。


戻る


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO