宇和島市立歴史資料館(国登録有形文化財)

明治17年(1884)9月、宇和島警察署として宇和島市広小路に建てられた。

幸にも戦火を免れ、昭和28年2月南宇和郡西海町の役場として移転。

その後平成2年、西海町庁舎が新築されたのを期に、平成4年3月、

再び宇和島の樺崎砲台跡のそばに移築された。(建築士会の運動のおかげ)


(平成4年秋)

宇和島に戻ってきた時には、まだ周りに建物は無かったが、

今では周りを民家に囲まれてしまった。

この建物は「世界の中心で、愛をさけぶ」の主人公
朔太郎の家のモデルとなっている。

現在常設展示はないが、建物は西日本では数少ない擬洋風建築で、
文明開化期の日本を偲ばせる貴重なものである。その存在価値が
宇和島城天守と同じく、多くの市民に理解されているとは思えない現状が残念である。

ここは北向きなので、正面が順光になることはない。時期によっては全く逆光になるので、
写真を撮る場合には時間に気をつけよう。

back


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO