赤染様(あかぞめさま)の謎・其の壱

(最近タニやんからここが無くなったと聞いたが、

確認のため行くのもためらうほどの場所だ)


JR宇和島駅にほど近い場所であるが  (地図を見る)


この辺りはまだ町中の雰囲気

 


鳥居をくぐるとすぐに山道に


左手に進むと、廃屋と社が見える


意外に新しい雰囲気である。


社の上に


社の裏には谷が

寄進されたもの


廃屋と狛犬

道の上から


町が見えるとほっとする

ここは市街地のそばであるが、何かしら薄気味の悪い場所である。昭和の時代には境内に人が住んでいたという。

最初は大正時代に新しく建てたと、ある人から聞いていたが、調べているうちに次第にその正体が見えてきた。ただ、残念な事に、最後の管理人だったMさんの所までたどり着いたが、すでに故人になられたあとであった。奥さんに伺いたかったが、全くなにもご存じないということであった。

調査の課程で、大正時代にここで複数の若い女性が、強姦殺人事件の被害に遭われた事も判明した。昼間でさえ一人ではちょっと近寄りがたい雰囲気のある所であるが、昔、真夜中にここに行ったことがあった。真夜中に「たにやん」と酔っぱらって、二人で肝試しと称して行ったのだが、酔っていてさえ不気味であった。二人とも酔いもさめてあわてて帰ったことがあった。(大変失礼な事をしたと反省しています。私の人生の瓦解が始まったのもそのせいだろうか)

赤染様とはなんであろうか。その実体は意外なものであった。

 

赤染様について


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO